[エックスサーバー]サブドメイン設定, WordPress簡単移行




トップページへ

※当サイトの管理人は、読者様のいかなる損害において、責任は負いかねます。自己責任でお願いします。

※あくまでもエックスサーバー加入者向けの内容で、正式マニュアルとは別の「実例」として記述しました。悪しからずご容赦下さい。

※使用した画像は 2022/7/4 時点のものです。

 

 

サブドメイン設定

正式なマニュアル

1 サブドメイン設定を選び、必要な事項を入力します。

サブドメインとはドメイン名の前につける名称で、例えば abc.co.jp というドメインをお持ちで「サブドメイン名を blog」と設定するとアドレスは

blog.abc.co.jp

となります。

ここでは

ドメイン名 xth.jp

サブドメイン名 news

で設定を進めます。

※画像は一部を除きタップ/クリックで拡大します

エックスサーバーのサブドメイン設定の最初の画面

 

2 入力した内容の確認画面です

サブドメイン設定の入力確認画面

 

3 サブドメイン設定の追加が完了しました。無料独自SSL設定をしていない場合はここで終了です

サブドメイン設定の追加が完了しました

 

4 無料独自SSL設定をした場合は、「反映待ち」と表示されます。公式にも明記されていますが

「サブドメイン設定は追加後、サーバーに設定が反映され利用可能になるまで最大で1時間程度かかります」

反映待ちが消えるまで、他の作業、休憩など時間をつぶします。

無料独自SSL設定をした場合は、「反映待ち」と表示されます

 

 

WordPress簡単移行

正式なマニュアル

1 WordPress簡単移行を選び、必要な個所に入力します。

この事例は「同じエックスサーバー内にあるワードプレスを、ドメインAからドメインBへ引っ越し」する例です。ドメインの変更なのでURLが変わり

既存のドメインA news.in-jpn.com

新規のドメインB news.xth.jp

として、設定を進めます。この項目のポイントは https または http を最初に選択します。

ワードプレス簡単移行で必要な項目を入力します

 

2 入力した内容を確認し[移行を開始する]を選びます

入力した内容を確認し[移行を開始する]を選びます

 

3 待機中 0%ですが数分経てば、ブログのサイズが大きい場合はさらに時間はかかりますが、100%まで、この画面は開いたままにします。

WordPressの簡単移行の0%

100%になったら[確認]をクリック

WordPressの簡単移行の100%

 

4 ステータス 完了の表示とともに、移転したWordPressのURLと管理画面用のURLが表示されます。どちらかのURLをクリックして、表示に問題がなければ完了です。

通常はありませんが、万が一、表示できない場合は

「ネームサーバーの変更」が必要かもしれません。その画面のリンク先を参照し、それでも解決できない場合はエックスサーバーのサポートにメールで問い合わせても良いかもしれません。

ただ、同じエックスサーバー内でドメインA→Bへの変更ならば、「表示されない事例はまず起きない」と思います。

 

 

参考記事

移行元のWordPressを削除する

「WordPressかんたんインストール」でインストールしたサイトなら、削除も可能です。

正式なマニュアル

1 WordPressかんたんインストール を選びます

2 移行元となったWordPressを探し、削除して良いかじっくりご検討のうえ、問題がなければ[削除]をクリックします。

WordPressかんたんインストールのワードプレスを削除する

3 確認画面が表示されます。

※該当ディレクトリの全てのファイルが削除されるため、上記表示内容をご確認の上「アンインストール(確定)」ボタンを押してください。

を読んだうえで、[アンインストールする]を選びます

【PR】 エックスサーバー (amazon) *見つからない場合があります.

【PR】 エックスサーバー (楽天市場) *見つからない場合があります.




ほかの ワードプレス の記事

[WordPress]何のテーブル?

WordPress 個人的 逆引き関数リファレンス

[WordPress] 記事にアイキャッチ画像を張る前と張った後のデータの変化

[WordPress]プラグイン[Meta Manager]のデータの格納先

[WordPress]記事を保管しているデータベースをのぞいたら