偽のセキュリティーセンターは消すだけで解決します




トップページへ

■最新記事

2024/5/18追記

知人に「このサポート詐欺の被害」に遭いかけた人がいたので、概要だけまとめます。

・01から始まる番号に電話をかけてしまった。カタコトの日本語を話す外国人が出てきて電話の音声がかなり遠かったが、特定のURLへのアクセスを求められクリックをした。

・「Support-LogMelnRescue」というソフトがダウンロードフォルダに入った。言われるがまま起動したら、Webカメラの動作音がしデスクトップに「JACK WILLIAM」という男性の写真アイコンができた。

・画面左上にチャット画面が現れたが結局、電話で「サポートするには費用がかかります、お使いのPCの年数によって値段が違います(料金メニューを言う)。近くにコンビニがありますか?Appleカードを30分以内に買ってきて。電話は切らないで」と言われた。

・「もう買いに行きましたか?」としつこく言われて、ふと「これは詐欺だ」と気付き電話を切って、PC内のセキュリティソフトを実行しウィルスが入っていないことを確認してからPCの電源を切った。

以上の対処で被害には遭わなかったそうです。要するに

・電話をかけない。

・変な画面が出たら消す。

が鉄則だと思います。

 

ちなみに私が知人の家に訪問する前に調べたWebサイトです。

・マイクロソフトの「テクニカル サポート詐欺から身を守る

重要: Microsoft のエラー メッセージと警告メッセージに電話番号が記載されていることはありません。

詐欺師からインストールを求められたアプリケーションをアンインストールします。

 

・ウィルス対策ソフトのブランドの一つ、ESETの「不審なセキュリティ警告が表示されたらどうすればいいですか?

キャッシュとCookieを削除する、コンピューターの検査をおこなうなど

(この記事について知人の承諾済みです)

 


2024/6/2

「台風が近づいています」といった広告にも注意して下さい。

(別記事: この広告は無視して

 

2024/3/29に確認

クリックしたところセキュリティソフトが反応(ブロック)しました。このバナーは危険なのでクリックしないで下さい。

CONTINUE >> とともにニュース速報、最新情報などの文字が並んでいるバナー

2024/3/28に確認

下の画像が「偽のWindowsサポート」が表示された広告です。表示されたら必ず「閉じる」をクリックして下さい。

レシピサイトにアクセス 1.続行をクリックします 2.レシピサイトにアクセス

間違って「開く」をクリックするとこの偽サポート画面が表示されますが、あわてずにブラウザの[戻る]ボタン(←ボタン)で回避できます。

表示される内容

ウィルスと脅威からの保護

見つかった脅威

Microsoft Windows Defenderウィルス対策によって脅威が検出されました。詳細を確認します。

ファイアーウォールの脅威からの保護

Microsoft Windows Defenderがアクションを実行しました。

設定により、Microsoft Windows Defenderウィルス対策はデバイス上で望ましくないアクションを実行する可能性のあるアプリをブロックしました。

Microsoft Windowsサポートに電話する

(0101) 88844 46516(0101-88844-46516)(無料通話)

すぐにご連絡ください。技術者が問題の解決をお手伝いします。

サイトは次のことを望んでいます:システムはコンピューターをすぐにスキャンしたいと考えています ブロック 許可する

 

2024/3/18に確認

下の画像が「偽のWindowsサポート」が表示された広告です。

仮に表示されても無視して下さい。間違ってクリックすると後述の「赤いWindowsファイアーウォール保護(0101)74094-59507」の偽サポート画面が表示されますが、あわてずにブラウザの[戻る]ボタン(←ボタン)で回避できます。

台風が近づいています。もっと詳しく知る。

 

 

■本編

パソコンでインターネットをしていると「万が一の確率で」Windows Defenderセキュリティセンターやヘルプラインの画面が表示されるかもしれません。

また記事内の画像や文章は異なっていても、ほとんどの場合ブラウザの「戻る」ボタンで対処できます。

※広告を発見した時点で追加しているため、重複する部分がありますがご容赦下さい。

*画像はクリック(タップ)で拡大します。

 

2024/3/17に確認

表示される内容

アラート!

お使いのシステムがトロジェンまたはスパイウェアに感染していると報告されました。次のデータが侵害されました

ファイアーウォールの更新が必要

顧客サポート

(0101)23935-64855 / 01012393564855

対処法:ブラウザの[戻る]ボタン(←ボタン)

音声:あり

ブザー音:あり

 

2024/3/16に確認

表示される内容

Windowsファイアーウォール保護

Windowsサポートに連絡する

(0101)74094-59507 / 01017409459507(無料通話)

トロイの木馬スパイウェア

Ads.financetrack(1).exe

対処法:ブラウザの[戻る]ボタン(←ボタン)

 

この画像は2024年3月11日に確認された偽サイトの一例です

表示される内容

Microsoft Windowsサポートに電話する

(0101) 88844 46312(無料通話)

すぐにご連絡ください。技術者が問題の解決をお手伝いします。

Microsoft Windows Defenderヘルプラインにお問い合わせください:

(0101) 88844 46312(セキュリティサポート)

 

にせのWindows Defenderセキュリティセンターの画面
Windows Defenderセキュリティセンター Address IP Location ISP このPCへのアクセスはセキュリティ上の理由でブロックされています。 Windowsヘルプライン (050) xxxx xxxx

*画像はタップ/クリックで拡大します。

 

私は最初に見た時はかなり驚きましたし、ピーピーと音が鳴ったり、まれに女性や男性の声で「すぐにサポートに電話をして下さい。シャットダウン再起動しないで下さい、データの損失や個人情報の盗難につながる可能性があります」とパソコンから音声が聞こえて、不思議に思いました。

ですので、個人的に調べた内容をこの記事に少しずつ書き留めたので、お役に立てればさいわいです。

[お願い]この記事、動画を参考にされて起きたトラブルについて管理人は一切責任を負えません。

 

 

結論から言えば

・あわてないで下さい。

・表示はすべてニセモノです。

・画面にはWindowsヘルプライン、Windows Defenederセキュリティーセンター、Microsodt Call Supportと書かれていますが偽物(フェイク)です。マイクロソフトとは一切関係ありません。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻れれば一番簡単に解決できます。

・パソコンを終了(シャットダウン)すれば何ら問題ありません。

・もし操作ができなければパソコンの強制終了で解決します。

・データの損失や個人情報は盗まれません。にせ情報で心理作戦で見ている人をあせらせようとしているだけです。

・私自身、何十回もこの偽セキュリティサポートの画面を見ていますが1回も漏えいしたことはありませんし、変な電話がかかってきたことはありません

・上記の画像内の「ノー」「よし」含めすべてマウスでクリックしてはいけません。クリックをすると音声が流れる場合があります。

電話をかけることは厳禁です。

 

Q.個人情報が表示されたのだが?

A.一言でいえば個人情報ではありません。

契約しているインターネットの回線(プロバイダ)の情報、まれにお住まいの都道府県名が表示されますが、それ以上の情報は表示されません。

 

インターネットをすると、必ず相手に「インターネット回線名」が通知されるのでそれを表示しているだけで、この画面を見た人(あなた)やパソコンの情報を表示しているわけではありません。

詳細:

アドレスIP:契約されているプロバイダ(インターネット回線)の情報。この番号があることでインターネットができているだけで、個人情報ではありません。

日時:現在の日本の時刻を表示しているだけで、漏れたわけではありません。

位置:適当な地名。まれにお住まいの都道府県名を表示します。

ISP:契約されているプロバイダ回線の名前を表示します。OCN, フレッツなどです。

 

 

わかっていること

・変な日本語の広告、不自然な広告、日本のイメージを下げる広告が危険です。例えば「台風が近づいています」「怪しい石が発見された」「危ない日本食」「このチョコレートは危険です」「●●の汚染水は危険」などです。

また「ウェザーニュースを見る」という、ウェザーニューズをかたる偽の広告がごくまれにあります。正式名称はニュースではなくニューズと濁点があります。

 

・簡単にいえば「明らかに違和感のある広告が危険」で、その広告が表示されるのは有名企業サイトから小規模サイトまで場所は問いません。変な広告が表示されても無視すれば全く問題ありません

 

Q.変な広告を撲滅(ぼくめつ)できないのか?

A.サイトの管理者である私は半年以上、色々と手を変えたりして努力しておりますがイタチごっこで対応できないのが現状です。

私の推測ですが「大量の人員を使って海外から日本に特殊詐欺電話をかけていた事件と同様に、大量の人員を使って広告をあちこちのサイトに出稿し、広告が禁止になったら内容や企業名を変えて再度出稿している。さらにサポートの電話番号が国際電話番号なので犯罪拠点は海外で、しかも日本語ができる人を雇った海外の犯罪グループ」と想定されます。

 

・対象はパソコンもしくはタブレットで、スマホでは表示されません。

・その画面が出るのはインターネットをしている時だけです。

・ウィルス対策ソフトが入っていれば偽画面をブロックしてくれることがあります。画面は一例です。

ウィルス対策ソフトが偽セキュリティセンターへの接続をブロックした画面

 

・推測ですが、相手の目的は下記の電話番号に

Windowsヘルプライン:

(0101) 88844 46312 / 01018884446312

(050) 5539 9662 / 05055399662

(050) 5806 8824 / 05058068824

追加

01012083707457 / 0101-20837-07457

WindowsDefnderセキュリティセンター・検出された トロイの木馬スパイウェア・Ads.fiancetrack(2).dll
(0101)-20837-07457

01017147868873 / 0101-71478-68873

01017402614160 / 0101-74026-14160

01017732905802 / 0101-77329-05802

01016198316848 / 0101-61983-16848

電話をかけさせて、コンビニなどで電子マネーを購入させようとしているのではないかと思われます。いわゆる特殊詐欺ですので絶対に電話をかけてはいけません。また、相手の電話番号は不定期で変更している模様です。警察の捜査をかく乱する目的と思われます。

 


(0101)74026-14160(無料通話)の画面に表示されている内容から抜粋(この記事の他の箇所で重複している場合があります)

・WindowsDefender-セキュリティ警告

・Windowsファイアウォール保護

・トロイの木馬スパイウェアアラート-エラーコード:#0x268d3

・このPCへのアクセスはセキュリティ上の理由でブロックされています。

・Windowsサポートに連絡する:(0101)74026-14160 (01017402614160)(無料通話)

・脅威が検出されました-トロイの木馬スパイウェア

・アプリ:Ads.financetrack(1).exe

・とにかく実行、安全に戻る

・安全に戻るボタンが点滅している。

以上、すべてウソです。クリックしてはいけません


 

対処方法

・インターネットを見ているブラウザ(MS-Edge、Google Chrome、FireFox)の画面で、戻るボタンをクリック、または閉じるだけで解決します。

戻れない場合は、以下の閉じる方法をご検討下さい。

各画像の矢印の先の「X」をクリックして下さい。通常はブラウザの右上にX印はあります。もしX[終了]ボタンが右上にない場合は[ESC]キーを押してみて下さい。Xボタンが出てくると思いますが、それでもダメなら次の項目の[強制終了]をご検討下さい。

ブラウザの右上にある閉じるボタンをクリックします。

 

ブラウザごとの終了ボタン

MS-Edgeの終了ボタン

MS-Edgeの閉じるボタン(終了ボタン)

Google Chromeの終了ボタン

Google Chromeの閉じるボタン(終了ボタン)

Firefoxの終了ボタン

Firefoxの閉じるボタン(終了ボタン)

 

Q. もし、画面内をクリックしてこの画面になってしまったら?

偽セキュリティセンター画面の別画面

A. 画面の上部にマウスカーソルを移動すると「X」が表示されるのでクリックするとブラウザを閉じることができます。

画面の上部にマウスカーソルを移動すると「X」が表示されるのでクリックするとブラウザを閉じることができます。

 

・それでも閉じることができなければ「強制終了」で解決できます。

キーボードの Ctrl+Alt+Deleteと3つのキーを同時に押します。すると、この画面が表示されるので右下の「電源マーク」をマウスでクリックし「シャットダウン」を選びます。

Windowsの強制終了する時の画面

なお、画面はWindows10ですが、Windows11は色が黒色というだけでほぼ同じ見た目です。また、この強制終了画面をキャンセルする場合はキャンセルをクリックします。

 

詳しい方法は事前に(事が起きる前に)、お使いのパソコン、タブレットに応じて下記のリンク先をご覧になっているといざという時にあわてなくて済みます。

 

解決方法の動画を作成してみました。

https://www.youtube.com/watch?v=6SIFQ551fww

・画面にはWindowsヘルプライン、Windows Defenederセキュリティーセンター、Microsodt Call Supportと書かれていますが、偽の表記でマイクロソフトとは無関係です。

 

富士通様

Windows10

Windows11

 

Androidタブレット

ドスパラ様

NEC様(LAVIE Tab)

 

iPad

Apple様

MacのSafari

Apple様

 

参考サイト

独立行政法人 情報処理推進機構 「会社や組織のパソコンにセキュリティ警告が出たら、管理者に連絡!」

https://www.ipa.go.jp/security/anshin/attention/2023/mgdayori20230711.html

 

 

実際に被害に遭われた方がいる模様です

2024/3/18追記

朝日新聞 商工会ネット口座、1千万円送金被害 「サポート詐欺」で遠隔操作か

同会によると、2月27日午後5時半ごろ、職員が業務用パソコンを操作していたところ、ウイルス感染の警告が表示され、画面が消えなくなった。表示された番号に電話すると・・・

 

リンク切れ 2024/2/9追記

新潟放送 30代男性が約176万円分の電子マネーだまし取られる 画面に“トロイの木馬に感染”と表示→電話で「ウイルス除去ソフトを導入する」などと言われ

 

2024/1/22追記

1/22 日テレnews 「パソコンがウイルスに感染している」ウソ話で電子マネー42万円分をだましとられる詐欺事件が発生~山口・防府~

男性がパソコンでインターネットを使っていたところ突然、警告音がなって画面が動かなくなり「この電話番号に電話してください」と警告画面が表示された。

男性が「050」からはじまる番号に電話したところ、片言の日本語を話す男が「パソコンがウイルスに感染している」・・・「電子マネーカード4万円分を買って番号を入力してください」などといわれ

 

リンク切れ 1/21 FNNプライムオンライン 「トロイの木馬に感染」松山の高齢男性 28万円特殊詐欺被害【愛媛】

「画面に「トロイの木馬に感染した」との警告と連絡先の電話番号が表示。この電話番号に連絡すると男から修理代を要求され・・・」

 

 

NHK Worldやマイクロソフトをかたる偽のセキュリティーセンター画面

https://www.youtube.com/watch?v=lr-UUGUZ2sA

・画面にはNHK World、数日間大荒れのおそれ、30(火) 沖縄に接近。専門家によれば、近くの島が津波に襲われる可能性があります。3メートルの高さの波が予測されています。必要なものをすぐに用意し、避難の準備をしてください。ホームページの避難所マップが更新されました。近い将来…、続きを読む、Windows Defenederセキュリティ警告、Windowsファイアウォール保護、トロイの木馬、スパイウェアアップデート、脅威が検出されました、Microsoftサポートへようこそ、このPCへのアクセスはセキュリティ上の理由でブロックされています、お使いのコンピュータは、トロイの木馬スパイウェアに感染していることを警告しています。次のデータが危険にさらされています。、トロイの木馬スパイウェアアラート、エラーコード;/# 0x268d3、Windowsサポートに連絡する:(0101)84587-59773(無料通話)、Microsoft問い合わせサポート、Windowsヘルプ等と書かれていますが、すべて偽の表記で、NHKやマイクロソフトとは無関係です。

 

マイクロソフトをかたる偽のWindows Defender画面

https://www.youtube.com/watch?v=r1CYExaihmk

・画面にはMicrosoft Windows Defender(0101) 84462 80803、あなたは保護されます、クィッスキャ、Windows Defender セキュリティ警告、お使いのコンピュータは、それがトロイの木馬のスパイウェアに感染している以下のデータが保護されました、Windowサポートに連絡する:(0101) 84462 80803、脅威が検出された Trojan Spyware、アプリ:Ads.financetrack(1).exe、ハイリスク、Win32/Hoax.Renos.HX、Pornographic、Windowsサポートへの連絡、日本フリーダイヤル、Warning等と書かれていますが、偽の表記でマイクロソフトやWindows Defenderとは無関係で偽画面です。

 

 

 

Q.考えられる犯人像は?

A.パソコンの知識はありますが、犯罪組織には詳しくないので何とも言えませんが、その画像が出るタイミング、流れる音声から

・中国の犯罪集団

・中国をかたる別の国の犯罪集団

と推測しています。

「汚染水」というワードに関連して表示されたり、カタコトの日本語が中国人っぽい、からそのように判断しました。

 

Q.個人情報が盗まれることは?

A.検証のため意図的に何十回もその偽セキュリティセンター画面を見ましたが、今のところ個人情報が悪用されたようなトラブルには遭っていません。

電話をかけたり、クレジットカード番号などを入力しない限り問題はない、不安に思う必要はないと私自身は思っています。相手にばれるのは、使っているインターネットプロバイダとIPアドレス、使っているのがパソコンかスマホ、タブレットか?の情報でそれらは個人情報とは言いませんし、それらの情報だけで個人が特定されることはあり得ません。

 

●この記事を書いたきっかけ

有名なパソコン販売店が「この偽画面を見たら、ご相談を」をという新聞広告を入れていたからで、個人としては「確かに慌てる人は多いが、シャットダウンだけで解決する」と思ったからです。

悪質な電話サポートを促す画面や自動音声が出ると案内した広告のチラシ

悪質な電話サポートを促す画面や自動音声が出ると案内した広告チラシ

 

過去情報

・以前は、この画面が表示されるサイトはホームページのアドレス(URL)に「.sbs」が含まれる特徴がありました。

例えば

偽セキュリティセンターのURL https://edi19ung.sbs/Wi708n0b00saOEr08d67/index.html

https://edi19ung.sbs/Wi708n0b00saOEr08d67/index.html

(*URLのリンク、表示はしないで下さい)

といった感じです。edi1*ung.sbsの部分だけでなく/Wi以降の部分もひんぱんに異なるので、そのホームページを特定できたとしても「相手が常にアドレスを変更している」理由から、決定的な対処方法はありません。

 

■別記事

アクセスしてはいけない危険なサイト

この広告は無視して





ほかの PC,サーバーのトラブル の記事

アクセスしてはいけない危険なサイト

初心者向けランサムウェア対策

スマホやパソコンへのゼロクリック攻撃とは?

[Windows10] デスクトップに入れないブルースクリーン状態からの復活

[PDF] FirefoxのアップデートでPDFの設定が変わる場合の対処法