iPhoneSEの復活を願う記事


※SE第2世代が発売される前の内容です

 

アップルの2018年最大の戦略ミスとなった「iPhone SEの廃止」(記事 2018/12/15 12:00)・フォーブスジャパン

https://forbesjapan.com/articles/detail/24419

抜粋

・iPhoneの新モデルの売上不振のニュースが連日報じられている。アップルが今年犯した最大の過ちが、iPhone SEを廃止し、ハイエンド端末に集中する決定を下したことではないだろうか。

・SEは既に製造中止となっている。ネット上には、最後の在庫を販売中の業者もいるが、アップルが今エントリーモデルと位置づけているのはiPhone 7だ

・株価への悪影響を懸念し、四半期ごとの決算発表では出荷台数の公開を停止した

・iPhone SEはかつて、アップルをスマートフォン市場のメインストリームに押し上げる役割を果たしたが、現状の高額モデルで市場シェアを拡大することは不可能だ。アップルは今再び、SEの市場への再投入を考えるべきなのではないか


私見

iPhone SEユーザーの私としては「小さいサイズで、そこそこの機能があれば充分」ですし、スマホでゲームをする方には物足りないサイズかもしれませんが、私はスマホではゲームをしないので、トータルでSEで満足しています。

大画面、高速、高機能つまり、車でいえば高級車が良いというユーザーがいれば、自宅周辺は狭い道路が多いので軽4が良い、といった「ユーザーの好みが分かれるのは、どの分野でも当然ある」と思います。

結局、Appleは「自分達の作る最新型のiPhoneが常にベストなので、これまでのユーザーにも買い替えて欲しい」と思って、SEシリーズを廃止したのでしょう。

しかし、前述のように「ユーザーの好みは様々」であり、最新のiPhoneを買った方もおられるし、他メーカーのスマホに乗り換えた方もおられる、その結果、2018年度のiPhoneの出荷台数はAppleの予想を下回る結果になった、と思います。

個人的には、普通車のみだったトヨタが2011年に軽4を取り扱ったように、「Appleが市場やユーザーの動向を見て幅広いラインナップを揃えるようになって欲しい」と思います。




トップページへ