禁輸措置対象リストはエンティティリスト(entity list)と呼ばれ、アメリカにとって貿易を行うには好ましくない相手と判断された、米国外の個人・団体などが登録されたリストとのことだそうです。

情報元

 

リストに加えられる理由は「人道上、人権侵害といったものから、セキュリティ面での懸念」など様々。

個人的には「あくまでもメモ」として記録します。

wikipediaのアメリカ合衆国商務省産業安全保障局より

 

・ファーウェイおよび関連企業100社以上

・ハイクビジョン(監視カメラ)

・センスタイム(AI、顔認証、画像技術など)

・ダーファ・テクノロジー(監視カメラ、レコーダー、NANDなど)

・ZTE(スマホ)

・SMIC(IC製造)

・DJI(ドローン)



ȥåץڡ