[Delphi] 個人的 逆引き関数リファレンス

※普段使用している関数だけなので数は少ないです

※逆引き、つまり「したいこと」から関数を探す一覧でリンク先はなるべく公式ですが、見つからない場合は諸先輩方のサイトです

※リンクの「記事」は当サイトの別記事です

 

Delphiメニューへ戻る

 

・改行:Windowsの改行はCRLFなので #13#10

・数字を文字列に→IntToStr

・文字列を数字に→StrToInt

・文字列を数字(整数)にできるかどうか?→TryStrToInt

サンプル

 

・年月日、時刻の書式→FormatDateTime

今日の日付のもっとも簡単なサンプル

FormatDateTime('yyyy.m.d', Date())

 

・現在の日時→Now

・今日→Date

・バリアント型を文字列に→VarToStr

・バリアント型を日付に→VarToDateTime記事

・文字列を日付型に→StrToDate

・日付の曜日を知りたい→DayOfWeek(ただしSun、日曜等ではなく数字)、記事

・TDateTime型を時・分・秒・ミリ秒に分解→DecodeTime記事

・通貨の書式→FormatCurr

・文字の検索→AnsiPos

・文字列で円マークが指定した場所にあるか?→IsPathDelimiter

・文字列で最後にある区切り文字の位置→LastDelimiter

・大文字を小文字に変換→AnsiLowerCase

・小文字を大文字に変換→AnsiUpperCase

・文字列の置換→StringReplace

・全角か半角か?→ByteType

・パスからファイル名を取り出したい→ExtractFileName

・ファイル名の拡張子が知りたい→ExtractFileExt *ピリオドあり

・ファイルが存在するか?→FileExists

・フォルダ(ディレクトリ)が存在するか?→DirectoryExists

・パスからドライブ名とフォルダ名(ディレクトリ名)を取り出したい

最後の円マークなし→ExtractFileDir

最後の円マークあり→ExtractFilePath

 

算術演算
・切り上げ→Ceil

・切り下げ→Floor記事

・奇数か?→Odd

・小数部の切り捨て→Trunc

 

条件分岐

if

case記事

 

繰り返し

repeat

while

for

 

goto

 

実行時のパラメータを参照する

コマンドラインで渡されたパラメータの数→ParamCount

パラメータをコマンドラインから取得→ParamStr

FormCreateイベントで処理を分岐する場合。

FormCreate(Sender: TObject)など
var  w_para: String;

if  ParamCount > 0 then begin
 w_para := ParamStr(1);

 処理の分岐
end;

(ただしFormCreateの場合、ボタンの.SetFocusやラジオグループの.ItemIndexを処理することはできません。理由はフォームが表示される前だからです)

 

ExcelのVBAで自作プログラムを呼ぶ場合

Shell("Delphiで作った自作ソフト.exe opt2", vbNormalFocus)

VBAの実行時にパラメータ(ここでは opt2)を1つ指定し、Delphi製アプリがパラメータを受け取りアップロードする内容(ファイル数、アップロード先)を変更しています。

 

Delphiメニューへ戻る

この記事のQRコード
[ Delphi 関係の記事 ]へもどる


10456
amazonでDelphiと検索した結果
*該当しない場合があります